いつか行きたい「森太郎」

宮崎@Kaze-Bです。

すっかり秋めいて参りましたね。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

さて、本日はひとりごと。

私の名前は「森太郎」と書いて「しんたろう」と読みますが、皆様からよく「良い名前だね!!」と、お褒めの言葉を頂きます(;’∀’)アリガテー

周りの方からはどうしても「森」というイメージが強いのか、「もりたろう」「もりちゃん」「もりさん」など、好きに呼んでもらって有難いです(*’ω’*)

(たまに、「しんたろう」ってだれ??とかね・・ww)

さて、その「森太郎」ですが、実はとても有名なブナの木が長野県飯山市にあるのをご存知の方はいるでしょうか。

森太郎について

飯山市の鍋倉高原にある、樹齢が800年を超えるブナの木、その名も「森太郎」と呼ぶらしいです。近くには同じくブナの巨木の「森姫」もあり、長くご神木として祀り立てられてたようです。

飯山市鍋倉高原にある「巨木の谷」は、樹齢400年を超える巨木「森太郎」と「森姫」で有名なブナの原生林です。鍋倉山の山麓にあり、手つかずのブナの森が残り、長野県自然百選の第1位に選ばれています。

信州とっておき情報さんより抜粋)

 

一度行ってみたい―。

あそこに行って、「森太郎」様と対面すれば、きっと何か人生で大きな発見があるのではないか、そんな好奇心に刈られ、数年前より老体に鞭を打って近場の登山とジム通いを始めました。最初は、天拝山(257m)くらいでひーひー(‘Д’)言ってたのですが、今では、宝満山(829m)もすいすい、最近は福岡で最強(?)と知られる英彦山(1,199m)も制覇しました♪

どうも、この「森太郎」様、残念ながら大勢の方が近づいたことで根元が踏み固められ、枯れてきているようです💦

いつかご対面できる日を夢見て、トレーニングを積んでまいります♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。